top of page

読書の秋

おはようございます。


朝から爽やかな風が吹いてますね。



その後、パッションフルーツたちも

それぞれ健やかに育っとられますよ〜



今日は秋分の日ですね。


お彼岸中の、夏から秋へ移っていくこの季節が

とても好きです。


四季のある国で暮らせてよかったとつくづく想います。


体も心もシャンとしてきて

ほっとしたところで、むくむくと読書熱が高まってきました!


今、読んでるのは

手塚治虫さんの『火の鳥』


そして

ミヒャエル・ダンテさんの『モモ』


火の鳥は、確か小学生のときに

図書室に置いてあって読んだ…はずですが

内容をきれいさっぱり覚えてなくて💦


(当時、火の鳥アニメの主題歌のワンフレーズを気に入って

 そこだけを熱心にオルガンで弾けるように練習してました。謎行動…)


2月にセドナに行ったとき

岩の上にとても大きな鳥(霊体)が座っていたんです。


その鳥との出会いがあって以来、気になり始めて

30年越しに再び手に取ってみたんですが

今、読むと…

ものすごーーく響きますね💦


そう!そうなのよ!!

と、読みながら

ふがふが鼻息が荒くなってしまいました(^_^;)


一方、『モモ』は初めて読んでます。

児童文学ということもあり

難しい言い回しがなくてありがたい。


どちらもまだ読んでる途中なのですが

「時間」を扱っているのに心惹かました。


私の今1番、興味あることって「時間」でしてね。

なんでか分からんけど、ずっと引っかかっていて

ひどく大切で解明したくてたまらない…


どう着地するのか、見当つかないけど

取りかかってみますね。


さて、さて

今日は母親の誕生日でもあるので

これからちょこっとお祝いに行ってきまーす。


では、また〜



2020-09-22


閲覧数:0回

Comments


bottom of page