top of page

日本の神様

最近、神様ってなんだろうな~

って考えてました。


日本、世界、宇宙…それぞれ違うのかなあ。


確かに、神社に行けばエネルギーを感じるし

肉眼では見えない存在があるのも感じる。


神社で、お願い事する

…なんか、違う気がするんだよな~。


スピ系の本などを読んでも

イマイチしっくり腑に落ちない。


人間の歴史も神様の歴史も

どこかでねじ曲がってしまたんでは?


なんて事をモヤモヤ考え始めて

らちがあかなくなったので

直接、日本の神様に聞くことにしました!


神棚に祀っている

地元、宇倍神社の神様です。


長くなるので箇条書きにしました。

・我々を仰々しく崇め奉らなくてよい

・先祖、親戚を敬うような気持ちで接すればよい

・いつでも身内のように見守っている

・願いごとを叶えるのではなくて、相談に乗っている


ははぁ、そうすると神社の参拝の仕方も変わってきますね。


以前に聖神社にお供えを持って参拝したときに「何も持ってこなくていい。気持ちだけ持ってきたらいい。」と、言われたけど

祖父母に会いに行ったときに

「何も持ってこんでいいで~。元気な顔を見せに来てくれるだけで嬉しいわ」と言ってくれるのと同じニュアンスですね。


神様は崇高で畏れ多い存在で、うやうやしく崇めるものと考えていましたが

もっと身近に捉えてもいいんだなって思いました。

神様っていう、エネルギーが高すぎて肉眼で見えない一族が

日本にも、世界にもいて、地球で共存していて山田さん、佐藤さん…みたいに便宜上、呼び名があるのかな。


神族 あまてらすさん(日本)

神族 ガネーシャさん(インド)みたいな?


 お住まいが神社であったり、神殿であったり

出張があったり、派遣や移動があったり


人間に色んな性格の人々がいるように

神様にも色んな性格があって、得意分野があって

勉強のことを相談したくなったら

職員室に相談に行くみたいに

学問の神様の神社に行って、お話を聞いてもらったりするのかなと思います。


余談ですが

願い事をしたくなった時は、役割が違うように思うので

宇宙の方にストレートにお願いしたらいいと思います!


2015-05-23

Коментарі


bottom of page