top of page

宮戸弁天さん

久しぶりに神社のお話です。


相変わらず、神社には

ちょこちょこ ご挨拶させていただいてる

にもかかわらず…

しばらく手が止まっていました。

(一個前の記事でも書きましたね)


それはなぜか

公けに載せられない情報が

多くなってきてるからです。


ちょっと、コレは…っていうのは

メルマガやお話会で

お伝えしていこうと思います。


それをふまえて

今回は、こちらの神社です。


湯梨浜町の【宮戸弁天】さん

東郷湖のほとりに

こじんまりと鎮座しておられます。


ここは

のんびりとした雰囲気ですね〜♪


地元のMさんが

ご案内してくださいました。


お訪ねした日は、青空に恵まれて

心地よい風が吹いておりましたよ。


なぜか最近、白蛇さんの神社と

ご縁が続いていて

こちらもまさに白蛇さんでした。


東郷湖の水中を

気持ち良さそうにくるくると泳いでいます。


アーモンド型の瞳を持つべっぴんさんです。


祠などは、まだ新しい感じですが

積まれているドでかい岩たちは、相当古い。



石は記憶を遺しているので

意識を合わせると

映像を見せてくれることがあるのですが


この時、みせてくれたのは

オオクニヌシさんの姿でした。


こちらの白蛇さんを

とてもご寵愛の様子で。


わたしは東郷湖を見ると

水面下がすり鉢のようになっていて

羽合側と東郷側の間に

透明なガラス板が挟んであるように見えるのです。


気がね、混ざり合わない感じ。


羽合側には白蛇さんが

東郷側には龍さんが

板を挟んで居られるようで

お互いに関わりあってないように思いました。


東郷側の龍さん、ずいぶん前に

お空を飛んでたときに引っ張り降ろされた

相当なお爺さん龍でした。


元々お空の龍ですから

飛び立ちたかったみたいで

イラついておりました。


事情があるのを承知した上で、囲いを外すと

一目散にピューッと山の向こうへ

飛んでいってしまいました。


あらー

さすがに不在はまずいよね〜って思って

近くの滝に交渉。


水龍を一体お借りして

湖に居てもらうことにしました。


来てそうそう、早速に

すり鉢の底に溜まった重たい気を

ばくばく食べてくれてました。


これで綺麗になるかなー(^^)


滝の方は、龍が押し合いへしあいだったようで

湖の広いスペースを気に入ってくれたみたい。

良かったーー!!


おや?

白蛇さんが、新しく来た水龍さんに

興味あるみたいで、見つめています。


ツツーと近寄って

透明板ごしに覗いていたので、板を外すと

そろりと龍さんの周りを泳ぎ始めました。


いっぱい喰べた龍さんは

お腹が膨れて眠くなったようで

とぐろを巻いて昼寝をしています。


気付かずに眠り続ける龍さんの周りを

チラ見して泳ぐ白蛇さんが可愛いかったです。


仲良くなりたいんだなー


ちなみに、龍さんの色も白でしたが

陰陽のマークみたいに

丸く一緒に泳げる日がくればいいね。



(ここは、これから統合しそうだな)

と思いながら鳥取へ帰りました。


後日、お仕事の移動中に

東郷湖を通られたNさんが


「今まで見たことない綺麗な雰囲気と色。

美しいブルーだった!」


とメールをくださり

あら!?もしや、仲良くなったんかな

と嬉しくなりました。


Mさん、Nさん。

白蛇さん&白龍さん、お爺さん龍。

それと、ドでかい岩たち。


どうもありがとうございました!

また遊びに行きますね♬


2017-06-05




Comments


bottom of page