top of page

太陽の塔→竹生島へ

前回の気持ちの流れもあり

今月の初めに訪れた竹生島は

答え合わせのような

リハビリの旅になりました。


道中をご同行いただいたのは

遠征でいつもお世話になっているNさん。


竹生島には朝早めの集合だったので

前日に滋賀県入りすることにしまして…


滋賀に向かう前に、寄り道して大阪の吹田へ。


万博公園にある

『太陽の塔』内部を見学しました。



塔なので

ぐるぐる階段を登っていくのですが

(エレベーターもありましたよ)

なんとも奇天烈な空間でした!


岡本太郎さんには

世の中がどんな風に見えていたんでしょうね?


展示パネルを食い入るように見ていたら

塔内を清掃されていた男性が

当時の大阪万博の様子を覚えておられて。


すれ違いざまに、タイミングよく

お話を聴かせてくださいました。


当時は『太陽の塔』の他に

『青春の塔』『母の塔』も

少し離れた場所にあったそうです。


そーれも見てみたかったなぁ、残念💦


そして、お話の中で驚いたのが

開催中に公園内を

電気自動車が走ってたということ!


50年前にはすでに

電気自動車があったんですね〜

日本の技術は凄いな。


内部の様子に

ふむふむと終始、興奮気味でしたが

パワーに圧倒されたのは、実は

塔の外側でした。



今までは、遠くから眺めるくらいだったので

気にならなかったのですが


実際に近くで見ると、ナンジャコリャ💨

もろに宇宙エネルギーの受信塔じゃないですか!


圧が強くて塔の内部に入るまでは

船酔いみたいな感覚でした。


入っちゃえば、なぜか平気だったのが不思議…


不思議といえば、万博公園に向かう道中も

時間に絡むアクシデントがあったんですが

奇跡的にセーフだったんですよσ(^_^;)

(本来ならアウト)


何だか面白いエネルギーに触れた1日でした。


夜は、お宿で異質な存在から

ちょっぴり怖い体験をするのですが

このお話はまた別の機会に。


そして、一夜明けて

前置きが長くなりましたが

前回の予告どおり、ようやく竹生島へ。


長浜で待ち合わせのBさんと

はじめまして✨のRさん、Jさんと合流です。


竹生島は琵琶湖の中にある島で

長浜港からフェリーで30分程でした。


思ったよりも乗船客が多いなー

と思ったら

「西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所」

だそうです。


なるほど、それで白い羽織り?の御一行が

いらっしゃるんだな。


快晴ではないけど、今のところ雨に降られず。


雨女の私は胸を撫で下ろしたのですが

聞くところによると、竹生島は龍神伝説あり…


ありゃー💧それじゃあ、雨降るかもね。


もう少し長くなるので、次の記事へ続きます。


《つづく》



2019-09-25


Comentarios


bottom of page