top of page

ゴロちゃんのお話

1月の終わり頃

お友達Bさんの愛犬ゴロちゃん(18才)が旅立ちました。

 

後日、亡くなるちょっと前の

ゴロちゃんのお写真を見せていただいてお話をしました。

 

私 「ゴロちゃん、はじめまして」

ゴ 「???(誰?)」

茶色いフワフワの毛の、優しい顔立ち。

穏やかな性格のようで、私を見てポカンとしています。

 

 

私 「Bさんのお友達だよ。怪しい者じゃないよ。

   Bさんがね、ゴロちゃんどうしてるかな?って言ってるよ(^○^)」

ゴ 「!! それは、失礼しました!

   あれ(Bさん)がお世話になっておりますm(__)m←ぺこりと会釈

   あれは、あなたに危害を加えたりしていないでしょうか?」

 

私 「いえいえ、とんでもないとても親切ないい方ですよ

   お世話になってるのは私の方で、いつも癒していただいてるんですよ」

ゴ 「そうですかそれなら良かった。

   あれは、分からずやなところもあるけど

   一歩引いて見てみると、大変頼りになる男です。

   どうか末永く、仲良くしてやってください。」

 

ゴロちゃん、いやゴロさん…おそろしく礼儀正しい紳士でした

大人というか、保護者な感じでビックリです。

 

こちらこそ、仲良くしていただいてるんですよと、感謝を伝えると

 

ゴ 「安心しました。これで、あちらに渡れます。

   準備が整い次第、私は出発します。どうぞお元気で」

 

…そんな会話をした翌日の夜、Bさんからご連絡がありました。


いよいよ旅立ちの時のようで

Bさんの目の前に、霧のような光が現れたそうです。


光の前にゴロちゃんがおり

振り返って「頑張れよ」と言ってくれたそうです。

 

そのお話を聞いていたら

ゴロちゃんがアーチ状の橋を駈け登っていく姿が見えました。


希望に満ちた顔をしています。


きっと、あちらに待っていてくれる存在がいるんだろうな~

 

四十九日が近くなった頃

朝、Bさんがご先祖様に挨拶していると

ゴロちゃんが姿を見せにきてくれたそうです。


なんと!すぐそばに

マルチーズっぽいワンちゃんが一緒にいたとのことです。

 

彼女かな~? やるぅ、ゴロちゃん。

会いたい存在は、その子だったんだね~

 

Bさんもホッと安心されたご様子で

とても微笑ましいエピソードだなぁと思いました。

 


2016-03-25

 

閲覧数:10回

Comments


bottom of page