top of page

それぞれの立場から

前回、書いたとおり

様々な存在たちとお話した内容を

少しづつ載せていきますね。


なにしろビビリな性分でして


(予言めいたことをお伝えするのは

 いらない不安や動揺を煽る形になって

 嫌だわー)とか


(これ以上1ミリも

 皆に苦しい思いをしてもらいたくないわ)とか


(そもそも、こんなピリついた雰囲気のときに

 おかしなこと言えんよね。

 何も言わん方が良さげな…)とか


保身も多めに

勝手にウジウジ悩んでおったのですが


なんか、だんだんと

私1人で抱えてても、どうにもならんな

と思い始めまして(^_^;)


「とりあえず、伝えてみるか!

 知らないよりは、知ってみてから

 参考にするか決めてもらったらいいしね。

 聞いて安堵する人もいるかもしれないし」


ってな具合に

ようやく気が楽になってきたので

お会いできる方には、会話の流れで

シェアさせていただいたりしていました。


もう5月も半ばで

今更感が満載ですけども💦

まずは、3月末だったか4月の初め頃に 


私をサポートしてくださってる

ガイド(指導霊)さんに

コロナの終息について

聞いてみたことを書きますね。 


あくまで個人的な一見解ですが

参考までにどうぞm(_ _)m


↓↓↓


いつ終わるのでしょうか?の問いかけに

『何をもって終息というのだ?』

と、逆に返されました。


治療薬が開発されても

それは対処療法であって

完治・根絶ではないと。


急速な死亡率が減る

ということなら収束であると

それは早ければ半年。

表面上では2年以内。


終息するのは

全人類が罹患する時をもって終息だそうで

全人類に行き渡るには

10年程かかるらしいです。

(未開の部族の元には、野生動物が運びます)


どうも今後の地球の環境は

相当に過酷になっていくのか

人間の身体がもたなくなるようで

(汚染が進むか、はたまた綺麗になりすぎるのか…

残念ながら、そこは口を閉ざしてしまわれましたが💧)


この新型ウィルスは

その為に対応しているものだそうです。


これだけの拡がり方を見ていると

膨大な年月を経た壮大な計画の一部でしかない…

のかもしれないですね。


『皆が抗体を標準装備しておくのが望ましい』とのことで

 生きながら体内から進化させる必要があるのかも…


ワクチンが開発されて

微量なウィルスを体内に注射する事で

取り入れていく方向になるのかなと思います。


ガイドさん曰く

隔離や遮断して距離とるより

触れ合って、さっさと抗体作っといた方が

シンドくないぞーってことみたいでして。


いわゆる、スウェーデンが取り組んでおられる

集団免疫を得る方針なのかな。



でも、日本の自粛推奨も

【医療をパンクさせない!】

を何より優先しての対策ですもんね。


政策の手段は真逆ですが

思いの先は同じなんだろなぁ。うーん…


世界中が一斉に自粛体制になり

大気汚染は一時的に

ストップしているように見える、まさに今。


そしてこれから。


根本的な生活の見直しや

人間本位ではない環境保全に

ガッツリ切り替えていけるチャンスが来たのでは!?


そう考えると、このウィルスは

大きい存在からの恩情かもしれませんよね(u_u)


地球が回復するには

人間は明らかに邪魔だと思うのに

あえて生かす方向に動いているのでしょうか。


まだ地球という惑星は

生態系のバランスに於いて

ヒトを必要としてくれてるのかな??


今度はそんな疑問が浮かんできまして

直接、地球🌏にどう思ってるのか

聞いてみることにしました。


《つづく》


2020-05-17




Comments


bottom of page