top of page

うわさの人物

魂のこと

皆は、どんな風に感じているんだろう?


と思っていた矢先に、知り合いの方に貸していた本

「うわさの人物 神霊と生きる人々」(著)加門七海

が返ってきたので、久々に再読 …

ドンピシャにベストなタイミングで目にしたなと思います!(*゚∀゚*)

Nさん、ありがとうございます。


この本は、神霊や神仏の世界に関わる方々に

著者がインタビューしたものを、実際会って感じた感想を添え

分かりやすくまとめてあります。


どの方のお話も、とっても興味深くて面白いのですが

その中でも、魂について 特に!共感したお二人のお話を

抜粋して引用させていただきます m(_ _)m


まずは、超能力者のハマサイさん

死神とお話なさった突飛なエピソードが印象深いのですが

こんなことも話しておられました↓

「魂は学習するもので、マイナスになることのないもの。

すべてがプラスに転換された経験の塊のようなものですね。

個体として、意識を持っているものではないです。

我々が思うような認識だとか、意識を持っているものではなくて

学習の塊のようなもの。」


そして、エステティシャンの大島幸江(仮名)さん

以下に、著者の加門さんとのやり取りも含めて抜粋させていただきますね↓


o「私、体は肉体と精神と魂でできていると思っているんです。

人間って、肉体があるということに意味があるわけですよね。

みんな人間になりたいと思って、肉体を持ちたいと選んでこの世に来ているわけだから 生きている間の自分の人生をどうクリエイトしていくか…

…自分をどうプロデュースしていくか。

そこのところが大事だな、と私はいつも思っています。」


k『その借り物の体を整えることによって

精神とか魂の部分が変わってくるというのは、どういうことなんですかね。』


o「余計なものを除いて、本当にフィルターをきれいにすると

本質が見えてくるのだと思います。」


k『体が変わると、そういう精神や魂も如実に変わってくると。』


o「精神や魂がきれいになる感じがするんです。上に上がる感じがして。」


k『精神と魂の差というのは何なんですか。』


o「多分、精神というのは感情を生み出すところだと思うんです。そして、魂というのは 自分の、何て言うのかな、成長する……悟っていく気持ちみたいな。光みたいな。」


やっぱり… 人によって、魂の捉え方って少しづつ違うんだなあ。


それと、お二人のお話を読んで共通していたことは

(悪いものは見えないし、わからない)


うん。そうなんですよね!引き寄せますもん。

自分から悪いものにフォーカスしなければ、周波数が合わないので寄りませんし

そもそも、悪いものって捉えなければ問題ないですよね。


最近、ポジティブに視点を持っていくようにし始めたのですが

全てのことが、よくできた喜劇のように感じられるので面白いな~と思います 。


2014.10.28

 

Comments


bottom of page